建設現場に欠かせない機械

現在建設産業は、全産業の約1割の就業人口を抱えており、国内総生産の約1割の投資を担うほどの大産業となっています。外出すると工事現場を見かけることも多く、その中で多くの人が働いているのが分かります。工事の種類も多く、道路工事から建物や施設を建てる工事、ダムや橋などを手掛ける工事もあります。
そんな工事現場に欠かせないのが特殊機械です。工事の場所や種類によって様々な機器が使われています。何もなかった場所で工事をするには、まず発電機から必要になります。多くの機器があってこそ工事が進むことになるのです。

どんな種類があるのか

例えば道路工事に必要な機器にはショベルカーがあり、主に掘る役割を果たします。ミキサー車はよく公道でも見かけるのではないでしょうか。生コンクリートが固まらないようタンクが常に回転しています。このミキサー車とセットとなり活躍しているのが吹付機です。ミキサー車と吹付機が連結し、吹付機に生コンクリートを補給することで現場にコンクリートを吹き付けることができます。ローラーは舗装を平らにするのに使用されます。舗装工事現場で見かけたことのある方も多いでしょう。
高所作業車も街中でよく見かけます。信号機や電柱、橋などの高い場所にある工事現場で使用されています。2m以上の高さに上昇できるように作られており、作業床がついています。上昇、下降が自動ででき、走行装置がついていますので、不特定の場所で活躍することができます。
こういった特殊車両などは、小さな男の子からも憧れの対象となっており、ミニカーなどのおもちゃとしても販売されているほどです。

中古販売やレンタルもある

建設機器は多くの種類があり、工事のたびに新しいものを購入するのは企業にとって大きな負担となってしまいます。実際には中古品を購入して使用したり、レンタルを利用していることが多くあります。中古機械の売買とレンタルを専門に行っている会社があり、企業にとって必要になった機器を購入したりレンタルすることができます。
また、買取にも力を入れています。現在は、日本だけでなくアジア全体で都市開発が進み、整備や運搬のための建設機械を必要とされています。特に日本製は品質が確かなため、国外でも人気があり、需要が高くなっています。年式が古くなっていたり、故障していても買い取ってもらうことができますので、不要になった機器は廃棄しなくて済みます。

次排ガス規制、対応エンジン搭載。優れた低燃費性を実現しました!国内はもちろん、アジア諸国へのネットワークも駆使することで販売・仕入れに広く対応しています。 建設機械の目利きには自信があり、中でもコンクリートポンプ車の海外輸出においては、国内でもトップクラスです。 弊社にて、査定をさせていただきます。 中古建機の買取査定も承ります。年代が古くてもご相談ください。 建設に関する技術は機械で担い人件費の節約にも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加